クレジットカード現金化が厳禁と言われる理由は?

クレジットカード現金化は厳禁?

クレカショッピング枠現金化に潜む様々な注意点

今回執筆する記事ではクレジットカード現金化が犯罪か?危険か?という事を元従業員がご紹介します。

注意点を最初に理解することによってトラブルを回避しましょう。

クレジットカードショッピング枠現金化とは?

クレカショッピング枠現金化とは、古物商の了承を取った商品の販売業者が、希望者のカードの買い物限度額の金額の中で商品を購入してもらい、その取得費用から手数料などの料金を差し引いた代金で換金する事で利用者が現金化が出来る方法です。

あらかじめWEBページや口コミ、その他現金化という行為を行なっているサイトの様々な情報をリサーチして安心な店舗を利用すれば大丈夫ですが、万が一詐欺行為などをしてる会社に当たってしまったときも、事前の対応の準備を失敗しなければトラブルにならずにうまくいくでしょう。

クレジットカード現金化3つの気になる点

クレジットカードショッピング枠現金化はやってはいけない?

クレカの買い物限度額は買い物時に活用するやり方です。本来、現金を用立てるものではありません。

現金にするために換金率の高いものばかり購買してると、発覚した場合には使用者であるあなたのクレカが利用が出来なくなる危険性があります。

クレカード売買店のホームページには公安委員会からの承諾取っています!というような事が書いてありますが、これはあくまで「古物取引」の許可をうけているだけであって、クレカのお買い物枠取引の承認を取っているわけではありません。

優良取引店を見極める手段

クレジットカード取引には色々なグレーな要素があります。

お伝えしたようにクレジット現金化には多くの悪質行為があり、タチの悪い会社に遭遇してしまう心配は確率は0ではありません。

しかし数十年このような店舗が商いを行なっている理由は希望者の依頼があるという事がおおきな要因です。

クレジットカード現金化というやり方が一体、どういうものか事業をしている業者かはどんなタイプの人かをちゃんとわかったうえで少しでも堅実で確かな業者選別する事が肝心な要素だと著者はかんがえます。

このような需要に反応してくれる安泰店は探せばちゃんと存在します。

ご自身で検索される場合はどうやって堅実な業者を検索すればばいいのでしょうか。

やり方の一つとしてHPや口コミ案内を閲覧するという手段があります。

でも、ホームページをリサーチするばあいにもいくつかの注意があります。

WEBサイトに記載してあることは事実とはいいきれません。

最短振込10分・手数料一切なしのような広告は信じない方が良いでしょう。

お金に換える率のだいたいの相場は安泰な業者を媒介した場合でも80%程度と理解して下さい。

びっくりするほど高い還元率は信じすぎない方がいいでしょう。

詳細は電話などをつかって問い合わせると良いでしょう。

対応した人の態度でどのような印象をもったかで、おおまかなサイトの感じがわかります。

クレカ現金化まとめ

今回はクレジットカード現金化についてご紹介しました。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)